本文へスキップ

プラズマエネルギーシステム研究室

豊橋技術科学大学

電気・電子情報工学系

滝川・須田研究室

ナノチューブ・ナノコイル・ナノツイスト・ナノファイバ










Updated July 03, 2014
Nanotube, Nanocoil, Nanotwist, Nanofiber

 ナノチューブとは,グラフェンシート(炭素原子が蜂の巣状の規則正しい六員環のネットワークを平面状に形成したもの)が二次元的に丸まってできたチューブです。その直径は数〜十数ナノメートルで,長さは数ミクロンにもなります。ナノチューブには,単層(Single-walled carbon nanotube: SWNT)と多層(Multi-walled carbon nanotube: MWNT)と2種類あります。単層ナノチューブは,1枚のグラフェンシートで構成されたもので,チューブ壁が1層です。これに対し,多層ナノチューブは,複数のグラフェンシートが同軸状に丸まったもので,チューブ壁が多層です。
 ナノチューブの他にも,ナノファイバ,ナノコイル,ナノツイストなどを合成しています。以下の研究成果があります。

真空昇華法によるSiC微粒子表面のナノチューブ化
真空昇華法によるSiO2ナノファイバの合成
低圧アーク放電法によるMWCNTの合成 (雰囲気ガスの影響)
低圧へテロ電極アーク放電実験
触媒金属入り低圧ヘテロ電極アーク実験
黒鉛陰極真空アーク実験
大気中トーチアーク法 (MWCNT, SWCNT&NH)
触媒CVD法によるカーボンナノコイル・ナノツイストの合成
キャビティアークジェットによるカーボンナノホーン(CNH)の合成

単層ナノチューブ・ナノホーン・ナノコイル折り紙